M字ハゲ、生え際の発毛

ホーム > M字ハゲ、生え際の発毛
M字ハゲ、生え際の発毛

M字ハゲや生え際の発毛はフィナステリドやミノキシジルでも難しいと言われる部分です。特にM字ハゲ、U字ハゲの場合はどんどん進行して生え際が後退しますので早めに育毛して対策を打つことが大切です。

M字ハゲ専用の育毛剤を使う

育毛業界では特に生え際の育毛が難しく断念する場合もありますが、M字ハゲ専用に作られた育毛剤、プランテルはM字ハゲで悩んでいる方の救世主になる可能性がある育毛剤のひとつです。

フィナステリドやミノキシジルと違い副作用がないことが大きな特徴で、価格もそれほど高くないのです。M字ハゲ専用として開発されていますが当然頭頂部などにも効果的です。今までM字ハゲの育毛には触れてこなかった育毛剤業界ですが、一番育毛と発毛が難しいと言われるM字ハゲに対して開発されて商品コンセプトになっているところがプランテルの特徴です。

育毛成分をとにかく多く摂取する

髪の元となるのがタンパク質、それを髪の毛として作られるようにするのが亜鉛、このふたつはとても重要です。今細い髪の毛が生え際にある場合は、特にこれらを重要視して食べるようにします。

また生え際の発毛に関してはタンパク質と亜鉛だけでなくアミノ酸も多く摂取することで細胞分裂をサポートして代謝が高まり、発毛促進をサポートします。具体的にはBCAAやリジン、アルギニンなどが重要です。面倒だという方はビール酵母のサプリメントなどがアミノ酸とミネラルが同時に摂取できお薦めです。

また皮脂分泌量が多すぎるとジヒドロテストステロンに少なからず影響があると考えられるため、皮脂を抑えるために毎日数回にわけてビタミンB群を摂取しましょう。基本的には毎食後に1日分ずつ、就寝前に1日分というように小分けにして摂取します。

運動習慣をつけて新陳代謝を活性化

生え際やM字ハゲの場合、毛乳頭が死滅している可能性とかなり弱っている可能性があり、どちらにしても新陳代謝を活性化して毛乳頭に細胞分裂の命令を出してもらわないといけません。そのためには運動によって代謝を高めること、同時に成長ホルモン分泌を高めて毛乳頭の働きを活性化させることが重要です。

特に週3回程度30分のジョギング、1日おきのスクワットは特に効果的です。スクワットだけであれば時間がなくてもオフィスでもできるでしょう。腕立てや腹筋もできればやったほうがいいですが、スクワットにはまったくかなわないほどスクワットには成長ホルモン分泌効果があります。極論スクワットだけでもOKなのです。

生え際の発毛のための総括

とにかく早く育毛剤を使用して毛乳頭に栄養を与えること。生え際、M字ハゲにはプランテルがお薦め。

そしてタンパク質と亜鉛で髪の毛のための栄養素をとり、アミノ酸で発毛促進、ビタミンB群で皮脂を抑えます。

できれば毎日運動と筋トレの習慣をつけて新陳代謝促進による毛乳頭の活性化、成長ホルモン分泌による毛母細胞の成長促進をしていきます。

最低でも3ヶ月から6ヶ月は続けないと効果は見込めません。続けることがとても大切です。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。