10代で薄毛、ハゲになったときの治し方

ホーム > 10代で薄毛、ハゲになったときの治し方
10代で薄毛、ハゲになったときの治し方

実は10代でも髪の毛が細くなって、しかも抜け毛が多くなってスカスカになってしまう人がいます。これに関しては恐らくAGAによる脱毛ではないと考えられますので、とにかく抜け毛の原因を探して改善していくことが10代若ハゲの改善方法となります。

シャンプーの時に頭皮をゴシゴシ洗わないようにする

シャンプーを含めて、毎日100本くらいの抜け毛があるは普通だとされていますが、シャンプーの時にゴシゴシと頭皮を洗っているとそれ以上に抜け毛が増えます。

男性の場合は皮脂が多いので、頭もスッキリさせるために、頭皮マッサージではなく垢すりかのようにして頭皮をゴシゴシと洗う人が多いです。そもそもゴシゴシ洗う以外の方法すら知らないのですから。

まずシャンプーを泡立てたら、髪全体に泡を浸透させ、頭皮まで行き渡らせます。その後、頭皮を擦らないようにして揉みほぐすようにマッサージします。擦ってしまうと細いあ楽しい髪の毛はどんどん抜けてしまいますが、マッサージであれば擦って抜けてしまうことを防げます。

さらには頭皮を飲み洗いすることで、頭皮マッサージの効果もあるので血行が良くなり、薄毛改善にも役立ちます。

シャンプーを買い換える

トニック系シャンプーなどスカッとするシャンプーやごっそり皮脂を落とすというシャンプーは皮脂までもごっそり持って行ってしまうシャンプーです。
これは脱脂力が強く、毛穴の汚れや皮脂を残さずに取り去ってしまいます。これによって頭皮が乾燥し、刺激が加わることで毛穴に負担がかかって抜け毛が増えます。

まずは市販の石油系シャンプーから、育毛シャンプーのアミノ酸系へ買えてみましょう。シャンプーを変えただけで改善したり抜け毛が減る可能性は高まります。
シャンプーが合わないだけでフケが大量に出たりしている場合はこれだけでも改善することがあるのですぐに検討したほうが良いでしょう。

育毛剤と頭皮マッサージ

シャンプーの後は育毛剤と頭皮マッサージで頭皮の血行が促進され、抜け毛予防と髪を育てる効果が高まります。
今細い髪の毛を太くして薄毛を解消するためには必要で、これによって抜け毛自体も減っていく可能性もあります。

基本的に朝晩の2回の使用がお薦めです。頭皮環境を考えたケアが10代の若ハゲには重要であると言えるでしょう。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。