ハゲていなくても抜け毛を減らす方法

ホーム > ハゲていなくても抜け毛を減らす方法
ハゲていなくても抜け毛を減らす方法

残念ながら、何もしなくてもハゲない人も存在します。しかし基本的に加齢によって髪の毛は細くなってしかも抜け毛が増え、生えてくるスピードよりも抜け毛のサイクルのほうが早くなり、誰もが薄毛に直面します。これが30代です。今20代でハゲとは無縁と思っていても、将来ハゲるのはいやだ、と思ったら、今すぐ育毛を始めてください。

抜け毛をできるだけサイクル化させないこと

まず重要なのが、ハゲになる原因は抜け毛の量が増えて、生えそろう前にどんどん抜けていくからです。通常はこんなことはあり得なくて、抜けるべくして抜ける毛と、維持される髪の毛は別々で、毎日抜け毛があってもそれ以上に髪の毛を維持しつつ新しく発毛しているのです。

しかしこのサイクルが逆転してしまうことがあり、これが薄毛のスタートです。抜ける量は縫えるのに、生える量は少なくしかも生え始めたのにすぐ抜けてしまうというヘアサイクルの乱れです。

これを食い止めるのがノコギリヤシサプリやAGAをほぼ完全に近い形で食い止めるフィナステリドです。これらを飲み続けることでヘアサイクルを正常に戻して抜け毛をへらしていきます。

ノコギリヤシで抜け毛を予防する

まだ薄毛ではない方には副作用がないノコギリヤシのサプリメントがお薦めです。毎日飲むだけで抜け毛の原因を抑制していきます。サプリメントなので飲み過ぎて副作用がないし、抜けすぎる前から予防しておくことでかなり抜け毛を減らせるでしょう。

抜け毛予防が習慣化していると、抜け毛が本格的に多くなる頃に別の育毛方法をすぐに実践でき、それも習慣化させることが難しくなくなるのでお薦めです。

ただし若い頃からノコギリヤシを飲み続けていれば将来抜け毛が少なくなるということではないので注意してください。

ストレスを解消する

ストレスが加わるとそれだけで病気になることがすでに科学的に証明されています。逆に電気による刺激を与えることによって病気などを解消していく研究も進められています。このストレスが与える影響はとても大きく、抜け毛の原因にもなっています。

ストレスによって頭皮の毛細血管が萎縮すると頭皮には血管を使って髪の毛のための栄養素や酸素が行き渡らなくなり、抜け毛が始まります。これを解消するためにもストレスをできるだけ溜めないようにすることが大切です。20代でもストレスが原因でどっさりと髪の毛が抜ける人が多いため、ストレス解消や何かほかの方法を見つけてストレスから開放される必要があります。

生活習慣を見直す

20代で若いと、生活の時間が昼と夜逆転している可能性が高くなりますが、これでし体内時計が狂うほかホルモンバランスの崩れなども起こって髪の毛が抜けやすくなります。まだ若いのでそこまで大きな変化は見えないと思いますが、これが続けば当然薄毛が進行します。

20代で遊びまくりたいと思いますが、将来の薄毛や抜け毛増を考えると今から健康的な生活を送り、抜け毛の原因を解消していきましょう。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。