30代の薄毛とAGA、そして育毛方法

ホーム > 30代の薄毛とAGA、そして育毛方法
30代の薄毛とAGA、そして育毛方法

30代はフサフサの人と薄毛が目立つ人が分かれてきます。では30代で薄毛が目立つのは若ハゲなのでしょうか。

薄くなったかも、と気づいた時にはもう薄毛

30代になるとどうしても薄毛が気になってくる年代に差し掛かっています。実は自分で薄くなってきたかもしれないと思った時には髪の毛の本数と太さがかなり減っていると言われています。それも薬半分くらいの量になりつつあるというのだから怖いですね。だから自分で薄毛かも?と思った時点で即育毛をしないと危険です。

30代で薄毛は当然のことながら誰でも可能性がある

30代の薄毛はAGAによるもの、ストレスや生活習慣によるもの、頭皮湿疹などのような抜け毛などがあります。AGAの場合はすぐに薄毛かもしれないと気づくでしょう。
それ以外だとよくわからず全体的にボリュームダウンしていくことが多いです。

特に30代の薄毛進行は誰もが経験してもおかしくないので、もし薄毛を感じたらすぐに育毛剤を使うことをお薦めします。

早く育毛することで維持できる

抜け毛は早く対処することで抜け毛予防が可能ですし、抜け毛が増えて細くなってしまう毛を育てて髪の毛の密度を回復させるためのサポートも可能です。

特に30代の薄毛はストレスによって全体的に髪の毛が抜けたり細くなったりすることが多く、同時にAGAも進んでM字ハゲや頭頂部ハゲの前兆が出てきます。こうなるとけっこう焦る人が多いのですが、焦ってももう手遅れなので、育毛で何とか食い止め、さらに発毛と育毛を促進することで改善していくしかありません。

しかも今の抜け毛が改善して薄毛改善するまでには半年はかかるので、すぐに効果を実感できないとやめてしまう人が多いですし、また途中で薄毛によるストレスでさらに薄毛を促進してしまう人も。

まずは冷静に何が原因かを考えて育毛を淡々とこなすことが大切です。

30代で薄毛を気にする人は多い

30代だともうオッサンという年齢に若い人たちからは思われがちですが、実際はまだまだ若い。体の変化は感じますが、タレントを見ていると30代の若々しいイケメンたちが活躍しています。しかし30代のサラリーマンたちは薄毛が気になり始めています。実際にハゲてしまう人も。

30代になると薄毛は進行する

加齢によって髪の毛は思春期に比べて細くなっています。20代から軟毛化は進んでいますが、特に30代になると顕著になります。

その理由は当然加齢というものがありますね。代謝が悪くなれば髪の毛の成長もしにくくなりますから、髪の毛は細くなって、さらに抜けやすくなってしまいます。

ストレスが大きくなる30代だからこそ薄毛が進行する

またストレスによって抜け毛自体がかなり増える傾向にあります。30代になると仕事のストレスや家庭環境などのプライベートが変化していく時期でもあるはずです。ストレスは自分が考えている以上に大きくなっています。

そしてストレスによって直接抜け毛が増えることもありますが、血行不良にもストレスが作用しています。これによってストレスの直接攻撃とストレスによる血行不良が相まって抜け毛が増えて30代で薄毛になる人は多いです。

仕事などで生活習慣が乱れる

また仕事が忙しくなる年齢でもありますから、生活習慣が乱れに乱れまくっている場合は危険です。食事や睡眠、運動などが正常でないと、抜け毛だけでなく色々な部分に影響が出てきます。

生活習慣の乱れから、体内時計が狂うと成長ホルモン分泌も減っていきます。同時に体の働きも正常に動かなくなることもあり、発毛サイクルも乱れますし、健康な毛根を維持できずに抜け毛が増えることもあります。

30代の薄毛は当たり前すぎて薄毛だな、と思われる

30代になると当然もういい大人なので、薄毛であっても当然、という認識が他人にも自分にもあります。だから少しつむじ周辺などが薄くなったかなと思ったら、もう薄毛がヤバイ、と思い込んでしまう傾向にあります。

実際に薄毛に見える、と思った時点でかなり薄くなっていることは間違いありませんが、30代の場合は特に歳相応なので少し地肌が見えるだけでも「この人薄毛だな」と思われてしまいます。これが良いことなのかどうなのか、人それぞれですが30代になると薄毛との結びつきが強くなることは確かです。

30代は若ハゲになる

30代で薄毛が出てくるのは若ハゲです。昔は40代からようやく薄毛が出てくるような感じでしたが、最近は30代で薄毛が始まることが多くなってきました。しかし自分以外はそんなに薄毛になっていない、それがほとんどだと思います。

若ハゲの原因はいくつかあり、AGAが発症していてゆるやかに薄毛が進行していたもの、ストレスなどで抜け毛が増えていることのふたつに大きく分けられます。

AGAの場合は治療が必要

AGAの場合、普通にしていたらどんどん薄くなっていきます。30代なのに40代に見られてしまうことも。AGAは育毛をしてもなかなか効果が見られず、殆どの場合AGAの治療が必要になります。

まずは抜け毛を止めるためのフィナステリドの服用、そして血行促進で発毛するためのミノキシジルの服用か育毛剤の使用。これらはAGAに効果があるとされるもので、当然副作用もあります。これはAGAクリニックから説明もあるため、同意して使います。

ストレスが薄毛の原因の場合

根本解決についてはストレスをなくすことです。しかしそれはなかなか難しいと思いますからストレスを軽減させて同時に育毛をしていきます。

育毛剤を中心に、副作用のない育毛サプリメントの摂取、経済的に可能であれば育毛シャンプーで洗いましょう。

まだ様子見をする、というのは手遅れになるほど薄毛が進行してしまう可能性もあるため、最初から本気で育毛しましょう。一度毛乳頭が死ぬとその毛穴からは髪の毛は生えてきません。

オススメ育毛剤はチャップアップ、育毛サプリはボストンです。この2つでまずは抜け毛予防と育毛をしていきます。

ストレスは運動によって解消させるのがベストです。というのも運動でストレス解消と同時に成長ホルモン分泌も促されるため、それによって毛母細胞の細胞分裂も活性化し育毛効果が上がります。

また睡眠時間もしっかりとるようにするとよいでしょう。

頭皮が痒くてもAGAでない場合が多い

30代になると頭皮が痒かったりちょっと抜け毛があるとAGAの可能性を疑ってしまいますよね。そもそも男性であればAGAの可能性は誰にでもあるのですが、頭皮が痒いということで即AGAの前兆、ハゲる前兆というわけではないんですね。

頭皮が痒いという症状で考えられること

普通にしていて痒い場合は頭皮湿疹、アトピー、アレルギーなどが考えられます。特に30代になると体力低下、仕事などによるストレスで免疫力低下などが考えられ、アレルギーなどの可能性も考えられます。場合によっては一時的に抜け毛が増える可能性もゼロではありません。

また頭皮と皮脂、常在菌関連では皮脂分泌量が多くなり常在菌が増えて痒みと抜け毛を発生させる脂漏性皮膚炎、フケが大量に増えて同時に常在菌が増えて痒み、フケ、抜け毛が増える粃糠性脱毛症などがあります。これらはかゆみと抜け毛が大量で皮膚科に行けばすぐわかります。

その他は生活習慣が乱れている、ストレスによるものなどがあります。AGAの場合はM字ハゲ、頭頂部ハゲなどわかりやすいため、側頭部や後頭部も同時に抜けている場合はAGAである可能性よりも別の頭皮湿疹、ホルモンバランスの乱れなどが考えられます。

30代ならシャンプーを見直す

頭皮は皮脂分泌量が最も多い部分ですが、ずっとサクセスやトニックを使っていると頭皮が負けてしまいます。中高生くらいで皮脂分泌量が無限大でさらに健康的で代謝も良い若い世代ならいいですが、30代に入ると当然ストレスや生活習慣が乱れるなどの頭皮の健康が悪化することばかり。

この辺でシャンプーはアミノ酸系の洗浄成分が入った大人のシャンプーを使うのがベストです。育毛シャンプーはほぼすべてアミノ酸系の洗浄成分で作られているのでどれを選んでもOK。特に抜け毛予防と育毛促進として血行促進効果があるセンブリが配合されていると良いですね。

もし頭皮が乾燥しがちであれば、ホホバオイルやアルガンオイルが配合された育毛シャンプーだと頭皮が乾燥せず快適な状態をキープできます。

痒みとフケ、皮脂が異常な場合は専用の殺菌シャンプーを使う

30代で多いのが皮脂異常の脂漏性皮膚炎、フケ異常の粃糠性脱毛症です。
脂漏性皮膚炎は皮脂分泌量が異常なまでに増え、それを餌にして常在菌が増殖し、それが刺激を与えて痒み、フケ、髪の毛を補足して抜けさせるものです。普通にシャンプーをしても治りません。

また粃糠性脱毛症も同様で頭皮の常在菌が繁殖してカサカサのフケがシャンプー直後でも大量に出て、髪の毛が細くなり抜け毛が毎日大量に増えます。これもカビ菌が原因なので普通のシャンプーでは治りません。

これらの原因は不明ですが皮脂を増やさないこと、ストレスを溜めないことが予防になりますが、一度常在菌が増えると殺菌しない限りはずっとそのままで症状が進行します。ここで使うのは殺菌作用があるコラージュフルフルネクストシャンプーです。

シャンプーしながら殺菌できるため、価格は高いですが常に皮膚科に通うよりもやすいということで脂漏性皮膚炎と粃糠性脱毛症の患者の常備シャンプーとなっています。特に30代はストレスが大きくなったり、生活習慣が食事運動なども含めて完全におかしくなってしまう年代ですので、これが頭皮の痒みの原因である可能性も低くありません。

ポイントは痒みはAGAにはほぼ無関係であり、体調や症状から見て最適な対処法を選ぶ必要があるということです。

30代の育毛方法

30代から育毛を本格的に始める方が多いです。しかし何からすればよいのかわからない、という方が多いのも事実です。そこでこれから30代が始めるべき育毛の方法を解説します。

シャンプーを育毛シャンプーに変える

今まで育毛をしたことがない人がまずやるのが、サクセスやトニックシャンプーなどのような皮脂汚れをごっそりと取り除く刺激の強いシャンプーを使うことです。しかし実際には育毛にとってはこれが間違いなのです。

本来は刺激の少なく洗浄力のあるアミノ酸系シャンプーにすべきなんですね。育毛シャンプーはほぼすべてがアミノ酸系の洗浄成分が入っています。価格は高くなってしまいますが、そもそもの洗浄成分自体の価格が違うのでそれは仕方ないことです。

また育毛シャンプーにはセンブリなどが配合されていて血行促進効果などがあり、育毛にも効果的です。さらに殺菌作用などのハーブが入っていると頭皮に雑菌がある場合などにも効果的です。抜け毛を促進してしまう真菌には効きませんが普通の雑菌には効果的です。

育毛剤を朝晩使う

30代でまだそこまで薄毛が進行していないという方にも朝晩の育毛剤塗布と頭皮マッサージはお薦めです。育毛剤には血行促進、AGA脱毛の原因であるジヒドロテストステロンの抑制、殺菌作用、消臭作用、保湿作用などがあります。

これらの頭皮、毛根に良い成分を頭皮につけ、頭皮マッサージすることで頭皮の血行が良くなり、成分も浸透して毛穴で作用します。これを習慣化することによつて頭皮と毛根部分の健康状態が安定するため、抜け毛予防にもなり結果として薄毛進行を食い止めます。

生活習慣を健康的な状態へ見直す

まずは夜シャンプーをしてスッキリした状態に育毛剤をつけてから寝る。これだけでもずいぶんと頭皮に対して健康的な流れを作れています。頭皮と毛穴の汚れは翌日に持ち越さないようにしましょう。

また夜寝る時間はできるだけ12時前までに。お薦めは10時までに寝てしまうことです。
なぜなら睡眠中の成長ホルモン分泌が最も高いのが夜10~2時までの間だからです。この時間帯に熟睡していることが成長ホルモン分泌を促して享受できるのです。

髪の毛の成長もこれにあわせることで最大化します。また体内時計も正常になるので発毛や育毛だけでなく体の働きすべてが正常化されます。

脂、糖質を制限した食事に変更する

脂っこいもの、糖質はすべて皮脂になって分泌されていきます。通常であれば頭皮がベタつく程度ですが、これが過剰になると頭皮の真菌が増えすぎて毎日フケと抜け毛が大量に発生します。これによってAGAでなくてもどんどん薄毛になります。

これを防ぐにはまず余分な皮脂分泌量を増やさないことが大切です。肉類や揚げ物などは食べ過ぎないようにして、ジュースなどの甘いもの、炭水化物なども食べ過ぎないことがポイントです。

ハゲないために運動習慣をつけておく

まだハゲていなくてもあと10年20年すれば確実に加齢によって髪の毛は細くなり減っていきます。それを予防するためにも今から定期的な運動習慣をつけていきましょう。運動習慣があると成長ホルモン分泌が活溌になるため、髪の毛が生えたり伸びたりするための新陳代謝維持が可能になります。また血行が常に良くなるので頭皮への栄養も行き届きやすくなります。

育毛のための運動はどくらいすればよいか

毎日無理して運動する必要はありません。週に2、3回で良いので、筋トレと有酸素運動を軽めにやっておくとよいでしょう。本気で成長ホルモン分泌を高めるためには、短距離走で全力疾走するのがベストです。無酸素運動で下半身の筋肉を一気に刺激することで成長ホルモン分泌が高まります。

基本的にはあまりハードな運動をする必要はないですが、運動習慣がついているだけで若々しくいられることは確かです。

運動によって抜け毛の原因が減っていく可能性

AGAによる男性の抜け毛にはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが関係してきますが、有酸素運動をすることでこれが減るということがわかってきています。ただし完全に無くすることは無理です。なぜかというと、長距離マラソンのランナーでAGAハゲの人が普通にいるからです。もし有酸素運動でDHTが減り続けるのであれば、なぜあれだけ走り続けている人がハゲるのか、ということになってしまいます。

ただし、運動によってDHTが減ることはわかっていますので、これから抜け毛が増えていくだろう、と予想してその予防を今からしておくのはよいことです。ハゲはじめてから運動習慣をつけたとしても1ヶ月2ヶ月で薄毛改善なんてことはまず無理ですから、今から予防のために運動を習慣化することはとても大切だと思います。

運動による新陳代謝は偉大

運動によって新陳代謝が促されることで、頭皮の新陳代謝も活発になり、同時に毛母細胞の細胞分裂も正常に働くようになります。運動をすることで髪の毛の伸びが極端に良くなるということはないと思いますが、だとしても全身の代謝が高まることは髪の毛が生えていく上で重要なことです。

そしてとても大切なのは運動を続けることです。ですから無理な運動を始めないで、できることからコツコツと数年、数十年とやっていくことが髪の毛にとつても大切なのです。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。