育毛剤を使う量

ホーム > 育毛剤を使う量
育毛剤を使う量

育毛剤は高いです。スプレータイプのサクセスのようなものは爽快感とある程度の血行促進効果等がありますが、成長因子の促進やDHT抑制など様々なことを考えられた育毛剤は1ヶ月で1万円近くになることも珍しくないため、チマチマと少しずつ使っている方も多いのではないでしょうか。

少量では育毛効果は得られないことが多い

育毛剤に限らず、薬などには使用して効果が十分に出るには一定量以上を使う必要があります。育毛剤の用法用量は特に明確な記載がない場合が多いですが、少量を少しずつ塗布しても大きな効果が見られない場合があります。

ここで重要なのは、たくさん使えば効果が高まるというものではありません。一定量は必ず使わないと育毛剤の研究成果と同様な効果が得られないことが多いということです。たくさん使えば生えてくるのであれば今ハゲはいないでしょう。

育毛剤に限らず何にでも一定量以上使わないと効果が見込めないというボーダーがあります。これを『閾値』と呼んでいます。この閾値以下の使用量では効果が見込めない場合が多くなります。

満遍なく育毛剤を塗布

育毛剤は一部薄い部分に付けられれば良いというものではなく、その周辺まで全体的に満遍なく塗布することが重要です。また頭皮にしっかりと行き渡るようにして塗布します。ケチケチしていると効果は見込めなく、場合によってはつけていないのと同じという場合もあります。

毎日つけていても効果が感じられないという場合は、塗布している量が少ない場合があります。こんなことがないように、1ヶ月分と書かれているボトルであれば1ヶ月で使い切るくらいの使用量が目安です。2ヶ月もかかっているのであればそれは使う量が少ないということです。

スプレータイプの育毛剤はしっかりと頭皮ににつける

スプレータイプの育毛剤は塗布するときに簡単ですが、髪の毛にも噴射されてしまう場合が多く、これでは頭皮にはついていないため、無駄になります。頭皮にしっかりと噴きかけるようにしてください。また、髪の毛についた育毛剤もマッサージするときに頭皮につけるようにすると気持ち頭皮には育毛剤がつきます。

しかしできるかぎり頭皮のみに育毛成分がつくようにする必要があります。

ノズル式は液ダレしないように少しずつ塗布

ノズル式の育毛剤の場合は適量が難しい場合があります。特に育毛剤が出すぎて垂れてしまうことがありますが、少しずつ塗布して一部分に多くつかないようにします。時間がかかっても少しずつつけていき満遍なく育毛剤が頭皮につくようにしましょう。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。