薄いつむじを改善する育毛方法

ホーム > 薄いつむじを改善する育毛方法
薄いつむじを改善する育毛方法

つむじは髪の毛の流れが始まる部分ですので、生え際とほぼ変わらない薄さが目立つ部分です。普通は伸びた髪の毛が重なるようにして黒々した頭になりますが、つむじだけは生え始め部分なので髪の毛が被ってきません。だから薄毛がかなり目立ちます。このつむじが濃くなっていくことで薄毛のレベルが変わります。

頭皮マッサージをすることで血行促進

頭皮には筋肉がないので放置すればまったく動かない皮膚になります。動かない部分の血行はなかなか良くなりません。血行が悪くなれば、血液が運ぶ栄養素や酸素などがそこに行き渡らなくなります。

結果として毛根まで栄養素が届きにくくなり、抜け毛が増えたり髪の毛が細くなったりします。
これを防ぐために頭皮を動かすのが頭皮マッサージです。頭皮マッサージをして血行がよくなれば、つむじ部分にも栄養素が届きやすくなります。

特につむじ周辺の頭頂部というのは最も血行が悪い部分であり、頭皮が凝り固まっている部分でもあれます。当然ながらこんな状態では髪の毛が育つはずがありません。頭皮マッサージの効果を特に実感できるのがつむじです。

育毛剤をつむじに使う

つむじはただでさえ薄毛が目立つ部分ですので、ここは育毛剤を使う必要があります。育毛剤の全てにおいてアピールしているのは、M字ハゲよりも頭頂部のつむじ周辺の薄毛のほうが改善可能性が高い、ということです。

つむじ周辺の頭頂部は髪の毛が生え際に比べれば多いため、少し髪の量が増えたり太さが増えるだけで改善効果が高く感じられるようになります。

育毛剤をつけて頭皮マッサージを毎日朝晩の2回続けることでつむじ周辺の頭頂部の髪のボリュームが増える可能性がとても高くなります。

睡眠時間を整え、成長ホルモンを最大限に分泌させる

寝る時間は23時までに設定し、最低でも6時間は寝るように心がけましょう。早寝早起きがベストです。特に夜23時までに眠ることで成長ホルモン分泌がピークになる時間に眠ることができるため、最大限の成長ホルモン分泌を得ることができます。

当然ですが髪の毛の成長や代謝も成長ホルモンが関係していますので、体が成長していれば髪の毛も成長し、元気な髪の毛が生えてきます。

育毛剤の使用や頭皮マッサージを毎日続けることは面倒でなかなか続かないという場合がありますが、寝るだけであれば毎日早く寝るだけですので誰でもできるでしょう。お金も手間もかからない最高の育毛です。

これらの3種類の育毛を続けることでつむじ周辺の薄毛が改善するでしょう。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。