育毛効果で髪の毛が生えるまでの時間

ホーム > 育毛効果で髪の毛が生えるまでの時間
育毛効果で髪の毛が生えるまでの時間

育毛シャンプーを使い、育毛剤で頭皮マッサージをして、育毛サプリも飲んでいる、いつから育毛効果が現れるのだろうか、と思いがちですね。どれくらいで髪の毛が育毛の栄養を得て反映されるかを解説していきます。

休止期の毛根には何の意味もない育毛

髪の毛が生えている根っこの部分の毛根は常に稼働しているわけではなく3ヶ月程度の休止期という冬眠状態の期間があります。この時期にこの毛根へ育毛剤を使っても生えてくることはありません。

もしこの休止期の毛根が生えてくるとしたら3ヶ月後です。だからよく育毛剤を使っても3ヶ月は継続しないと意味がないとか効果がわからないというわけですね。

今動いている毛根への効果

今活発に動いている毛根はというと、2~6年ずっと働き続けていると考えられています。ここの髪の毛が抜けても毛根が活動しているのでまた生えてくるわけです。育毛剤はここに働きかけます。そうすると毛根が細胞分裂して髪の毛をつくるスピードを早めたり、さらには栄養を与えるため生えてくる髪の毛が太くなる、ということが育毛効果になります。

AGAの場合は休止期の毛根が多くなる

AGAが発症すると、活発に動いている毛根の活動期間が短くなります。通常2~6年ずっと成長し続けるはずですが、この期間が数年、もしくは数ヶ月と極端に短くなるため、生えている期間が少なくなり、これで髪の毛が生えてこないように感じるのです。

実際は細くて色素の薄い髪の毛、軟毛が生えているのですが濃くなるまで成長期が続かないわけです。さらにはDHTの作用によって生えてきても『抜けろ』という指令が毛根から出ていますので、髪の毛を維持できなくなってしまいます。

ですからこうなるとどうにもならず、育毛剤を使ってもなかなか髪の毛の成長期を長くしたり休止期を短くすることはできなくなっていきます。やはりAGAの場合は専門の病院へ行くのが手っ取り早い解決方法になります。

それでも病院が嫌だ、という場合は育毛サプリでDHTの作用を抑制、育毛剤でとにかく成長期の毛根をフルに活動させ、運動と睡眠で成長ホルモン分泌を促すようにします。頭皮マッサージも毎日30分を数回に分けて血行を良くします。手間をかけいかにAGAと戦うか、ということも人によっては必要だと思います。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。