髪の毛の質と量のピークは20代

ホーム > 髪の毛の質と量のピークは20代
髪の毛の質と量のピークは20代

髪の毛は老化とともに抜けて減ったり白髪になったり、細くなったりします。髪の毛のピークは成長のピークと同様で20代が最高値になり、それから徐々に低下していきます。特に髪の毛の場合は人によってやや差があり、AGAを若いうちから発症していれば20代後半ではかなりの薄毛になっている可能性があります。

20代から髪の毛の老化は始まる

生まれた時はまだ髪の毛は産毛です。ある意味薄毛状態で生まれてきて、そこから10代になるまでにはある程度髪の毛が太くなって量も多くなります。20代では色々なヘアスタイルが楽しめるほど髪の毛はしっかりしています。

しかし髪の毛の成長のピークは20代までで、そこからはどんどん老化が始まります。AGAの人は20代から抜け毛が増えて薄くなりますし、白髪が生える人は20代後半にはもう生え始めるでしょう。

30代後半からは髪の毛が細くなり抜け毛もどんどん増えます。気のせいではなく髪の毛の老化は30代から確実に進行しています。
また髪質が変化します。ストレートだった人がくせ毛になってしまう場合がありますがこれは髪の毛が乾燥してくるためで空気中の湿気を含んでくせ毛になりやすくなります。また指通りも悪くなりゴワゴワしてきます。

30代の薄毛を回復して20代前半の量と質にするのは難しい

薄毛になってみて気づくと20代の頃の髪の毛の量が多くて手入れが大変だった頃が懐かしくなるでしょう。ただし髪の毛を太くしたり量を多くすることは難しく、老化自体を巻き戻すようなことだと思ってください。

ただしAGAによる脱毛は脱毛を促進するジヒドロテストステロンの作用さえなくしてしまえば脱毛自体はとまることと考えられていて、実際にAGA治療、育毛剤、育毛サプリはここに焦点を当てて育毛と抜け毛予防をしています。

ですから20代と同じ若い髪の毛を取り戻すことは難しくても、抜け毛を減らして歳相応で抜け毛シグナルが出ない状態の髪の毛の質と量にすることは可能です。そのためにも日々のシャンプー、育毛剤、育毛サプリ、食事、睡眠を適切にする必要があります。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。