毛乳頭と毛母細胞の違い

ホーム > 毛乳頭と毛母細胞の違い
毛乳頭と毛母細胞の違い

毛乳頭と毛母細胞、毛根、色々と毛の専門用語が出てきますが、基本的に育毛と発毛を考える上では毛乳頭と毛母細胞を押さえておけば大丈夫です。

毛乳頭と毛母細胞の違い

毛乳頭とは

毛乳頭は髪の毛の奥にある司令塔です。毛乳頭が髪の毛を生やすように指令を出します。この毛乳頭がなくなってしまうと髪の毛を始めとする毛は生えなくなります。

毛母細胞とは

毛母細胞は細胞分裂する細胞で、髪の毛を細胞分裂によって作っています。この細胞分裂の指令を出すのが毛乳頭です。毛乳頭から指令がでなくなると毛母細胞も細胞分裂をしなくなるため髪の毛は伸びなくなり、ついには抜けてしまいます。

育毛には毛乳頭が大事

ここまで読むとわかると思いますが、毛の一番奥にある毛乳頭が最も重要で、毛乳頭に対して毛が生えるような指令を出し続けることが重要であると理解できると思います。

そのためには育毛剤などで毛穴に育毛成分を浸透させて毛乳頭のへ発毛シグナルを送る、成長ホルモン分泌を促して毛乳頭からの指令と毛母細胞の細胞分裂を後押ししてあげなどが考えられます。

毛乳頭が活発に動けば細胞分裂はどんどん進んで毛母細胞が髪の毛を作り出していきます。これが衰えてくると当然髪の毛は細くなって抜けてしまいます。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。