AGAによる脱毛

ホーム > AGAによる脱毛
AGAによる脱毛

中年になるとM字ハゲや頭頂部のハゲ、後頭部と側頭部以外全てハゲるというのが定番になっています。しかしなぜ部分的にハゲて他の部分は髪の毛が生えているのか不思議だと思いませんか?実は男性ホルモンが影響し一部分だけ抜け毛を促進する物質に変化して作用しているからなんです。

テストステロンがジヒドロテストステロンに変化してハゲる

男性型脱毛症は中高年の方に見られるハゲのことです。特徴としてはM字ハゲ、頭頂部だけのカッパハゲ、Oハゲなどです。オヤジ独特のハゲ方、というとイメージがつきやすいですがこれは老化のために剥げているのではないのです。

男性ホルモンのテストステロンがあります。もともと男性ホルモンが多い人ほど剥げやすいと考えられていましたがそれは間違いです。男性ホルモンだけが抜け毛に関係しているわけではないからです。ただし抜け毛の材料になっていることは間違いありません。

男性ホルモンのテストステロンはそれだけでは抜け毛に関係していませんが、ここに酵素である5αリダクターゼが作用することで変化します。それは強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化し、これが脱毛の原因となっています。

ジヒドロテストステロンができると抜け毛が促進される

ジヒドロテストステロンは抜け毛を促進するものですが、これを受け取る受容体が頭皮にたくさんあるのです。しかもその場所がM字部分だったり頭頂部だったりするわけですが、これは人によって多い場所が違うため色々なパターンのハゲが出来上がるのです。
前髪がしっかりしているのに頭頂部だけつるつるのカッパハゲがあるのもこのためです。

後頭部と側頭部にはこの受容体が少ないためジヒドロテストステロンが大量にあっても抜けません。

毛が育つ前に抜けてしまう

ジヒドロテストステロンによるAGAの脱毛というのは、ただ単に毛が抜けるのではありません。髪の毛は発毛したときは細くて色も薄い弱い毛です。繊毛と呼ばれています。ここから成長して太く長くなっていきますが、ジヒドロテストステロンによって成長する前に抜けてしまうのです。

だから抜け毛で一番怖いのは普通の髪の毛が抜けることではなく細くて短い髪の毛が抜けることです。特にAGAの場合、髪の毛が育たずに抜けてしまうので髪の毛がどんどん薄くなっている感覚になります。

AGA対策の商品がたくさん出ている

このようにジヒドロテストステロンを抑えてしまえば抜け毛が起こらなくなり毛もしっかりと育ちます。このことからテストステロンはそのままにして、酵素である5αリダクターゼの働きを抑えるサプリメントや育毛剤、シャンプーなどが出ています。特に男性の脱毛であるAGA対策にはこれが効きます。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。