糖分の取り過ぎで抜け毛が増える

ホーム > 糖分の取り過ぎで抜け毛が増える
糖分の取り過ぎで抜け毛が増える

簡単に言うと砂糖を取り過ぎると抜け毛が増える可能性があるということです。砂糖はジュース、コーヒーなどに大量に含まれています。甘いなと思ったらすべてに砂糖が入っていると思ってください。さらに砂糖だけでなく炭水化物も糖質になるので、食べ過ぎると抜け毛が増える可能性は高いのです。

糖分を取り過ぎるとなぜ抜け毛が増えるのか

糖分は体に吸収されると代謝するためにビタミンB群を必要とします。これが過剰になるとビタミンBが減ってしまい、そのため皮脂分泌量が増えてしまうのです。皮脂分泌量が増えるだけであればある程度コントロールはできますが、増えた皮脂自体が毛穴に詰まって酸化してしまうと危険です。

また皮脂が増えすぎると頭皮の常在菌であるマラセチアが増えて痒みを伴い、抜け毛が増えてしまいます。

皮脂が多いだけで抜け毛の原因を作り出す

毛穴に皮脂が詰まってもそれが直接の抜け毛の原因にはなりません。清潔にしておくことは必須ですが、皮脂が抜け毛を促進することはありません。

しかし皮脂を栄養素として増殖する頭皮の常在菌の影響が最も大きいのが皮脂の量です。常在菌マラセチアは皮脂を栄養素として増殖し、毛穴で代謝物を出して刺激を与えて頭皮の代謝異常を起こします。

結果としてフケが大量に出続ける、抜け毛が毎日数百本になるといった脂漏性皮膚炎、粃糠性脱毛症を引き起こします。

マラセチアは常在菌なので誰の頭皮にもいますが、皮脂の量が少なければ異常な増殖は起こしません。皮脂を分泌するような糖分を摂取しすぎると当然と日の皮脂分泌量は大量になり、マラセチアの餌が豊富な状態を作ってしまうのです。

ご飯、パスタ、イモ類も良くない

日本人の主食であるご飯なども炭水化物ですが吸収されると糖分になねので頭皮の状態には良くなありません。糖質制限ダイエットがあるように、日本人は欧米化して肉類も食べ過ぎるようになってしまったし、今まで通り米を食べ続けさらにはパンやパスタなどを食べるようになって過剰な糖質を摂取してきていることがわかります。

ビタミンB群は毎日多めに摂取しておく

皮脂分泌コントロールなどを考えても、ビタミンB群はマルチビタミンなどと一緒でもいいですが、可能なら別途摂取したほうがいいですね。なぜなら毎日の食事で糖質のぶん会にビタミンBが大量使われているから。そして皮脂コントロールができなくなっているからです。

皮膚科で皮脂分泌漁が多すぎると、医師がビタミンB群の入ってサプリメントを処方してくれます。これを使うことで皮脂分泌量も一時的には改善されます。ただ毎日ずっと飲み続けるわけにはいきません。

ただ毎日1日分を毎食後飲むようにするだけでも常にビタミンB群が補給されるため糖分の代謝に対応することができるでしょう。

またビタミンB群は髪の毛を作るために亜鉛と同じくらい必要なので、これが糖代謝に使われると当然育毛効果は落ちるわけで、沢山ビタミンB群を摂取していれば髪の毛を作り出すことにも効果が高まるということです。

糖分を取り過ぎたらすぐに筋トレ

対症療法となってしまいますが、糖質を取り過ぎてしまった、と思ったらすぐに筋トレを10分以上休みなく続けてください。無酸素運動と筋トレは糖質をエネルギー源として使うため、吸収分解される前にエネルギー源として使ってしまうのです。

完全に糖分を使い切ることは難しいですが、できるだけビタミンBの代謝に負担をかけないようにすることが大切です。また筋トレは成長ホルモン分泌が多くなるため、育毛にも最適です。

抜け毛と糖質で気をつけたいこと

まずは飲み物には気をつけてください。炭酸ジュースは甘くてたくさんの砂糖が入っていますが、実はスポーツドリンクなどにも大量の糖分が含まれているのです。

また缶コーヒーなど甘いものはすべて乳製品に比べて砂糖が大量に入っています。ご飯と同じくらいの糖分が入っているので、毎日自動販売機やコンビニで買ってしまう人は麦茶などにするとよいでしょう。

またスイーツなどもそうですがパンも同じです。炭水化物が多く当然糖質を多く摂取してしまいます。パスタも毎日食べていればよくありません。

毎日の食事では野菜を多く食べ、たんぱく質をたくさん食べるのがベスト。これだけでも育毛効果が高まります。そこにビタミンB群を不足させないようにすれば、髪の毛の代謝はスムーズになります。

糖質制限ダイエットと育毛

糖質制限ダイエットはその名の通り糖分を減らすことでダイエットしていきます。皮脂分泌量が多くなる糖分ですが筋肉で消費されないとそのまま脂肪として蓄積されてしまう糖分を制限してダイエットするものですが、この糖質制限ダイエットをしていると抜け毛が減っていくという事例があります。

これは頭皮の皮脂分泌量が減ることで毛穴の汚れがなくなっていったこと、さらにはビタミンBが正常に髪の毛の代謝のほうへ回ったことが原因でしょう。このように糖質を減らすだけでも抜け毛を減らせる可能性が高いということです。

もし糖質が気になるのであれば、ビタミンB群のサプリメントを毎日数階に分けて飲んだり、食事の前に運動をしてエネルギー補給すべき状態にするなどの工夫が必要になりそうですね。

糖分とマラセチア

マラセチアは皮脂を減らしても減らないし殺菌もできない

実は一度増えたマラセチアはシャンプーしてもへることはほぼありません。水虫と同じ真菌なため、育毛シャンプーや市販シャンプーに記載されている殺菌効果というものはまったく聞かない菌なのです。

ですから皮脂がすくなくなったとしても毛穴でどんどん代謝物を出しながら他頭皮の代謝異常をずっと引き起こし続けます。このためずっと抜け毛が増え続けてどんどん薄毛になります。

マラセチア殺菌用シャンプーを使う

皮脂分泌量を食事から減らした後はマラセチア殺菌用のシャンプーを使いましょう。コラージュフルフルネクストシャンプーは皮膚科医が認める脂漏性皮膚炎と粃糠性脱毛症対策のシャンプーです。私も実際に使っています。

現代の食生活の場合、皮脂分泌量がとうぜん増えてしまうため、シャンプーでマラセチア対策をする必要は大いにあると思います。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。