筋トレとテストステロン増加が抜け毛の原因になる可能性

ホーム > 筋トレとテストステロン増加が抜け毛の原因になる可能性
筋トレとテストステロン増加が抜け毛の原因になる可能性

筋トレをすると男性ホルモンが分泌されます。これによって男性はより筋肉がつきやすく、逆に女性は男性ホルモン分泌量がそもそも男性よりすくないため筋トレをしても男性と同じように筋肉がお菊なりにくいわけです。

しかしこの男性ホルモンが変化した強力なジヒドロテストステロンによって抜け毛が促進されているのですから、筋トレをしすぎて大量のジヒドロテストステロンを生成してしまってはハゲが進行してしまうのではないか、と心配になりますよね。

普通は筋トレでハゲることはない

普通の人が筋トレをしまくることによってハゲることはまずあり得ません。だとしたらスポーツ選手はみんなハゲですし、その他の筋トレをしている人たちがほとんど薄毛がヤバイ状況になっているはずです。

また土方などの肉体労働者であったとしても筋トレとは違うものの筋トレ以上に長時間筋肉を使う仕事をしているわけで、若ハゲも多いはずですがそんなことないですよね。

結局なぜハゲてしまうかというと筋トレではなくただ体質の問題で、AGAかどうかの違いがほとんどのハゲの原因です。筋トレによる男性ホルモン分泌によって頭皮のみ集中して男性ホルモンが集まるわけでないため気にする必要はありません。

筋トレをしてAGAが進行したという体験談

よく筋トレをしてAGAの抜け毛が進行してしまったという人がいますが、やってもやらなくてもハゲた、というのが事実である可能性が非常に高いです。筋トレをすれば当然男性ホルモンが分泌されますが、異常なほど分泌されません。

AGA確定の人であっても筋トレ程度の男性ホルモン分泌で通常以上に頭皮の毛穴に集中して男性ホルモンが滞留しジヒドロテストステロンに変化して抜け毛が促進、ということはあり得ないのです。

ただしAGAの場合はいつも100の男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されているとして、筋トレしてそこに上乗せさせられる分のわずかな男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換される可能性はありますが、全身に及ぶ男性ホルモン分泌からすればあまり気にする必要はないと言えます。

逆に言えば筋トレをしなければハゲが緩やかになるとも言いにくいということです。

筋トレするときはタンパク質をたくさんとる

筋トレ後にタンパク質が筋肉に使われてしまって、髪の毛の原料であるタンパク質が不足する、ということも聞きますが、髪の毛のタンパク質が減るわけではないので、これが抜け毛の原因にはなりません。

髪の毛の成長が少し緩やかになる程度でしょう。筋トレをすれば筋肉にすべてのタンパク質が行き、髪の毛には行かないということはまずあり得ません。

ただし髪の毛を元気に成長させるためには筋肉に必要な量のタンパク質をしっかりと摂取し、その上で髪の毛にも必要な量を十分とる、これがベストです。

特に筋トレをすると成長ホルモン分泌量が一気に高まるため、この時に毛母細胞の細胞分裂も活発化するためタンパク質がより多く体に補給されると髪の毛に良いということがわかると思います。

筋トレで薄毛が進行よりも育毛促進になる場合のほうが多いと考えてよいでしょう。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。