育毛のための正しい髪の毛の乾かし方

ホーム > 育毛のための正しい髪の毛の乾かし方
育毛のための正しい髪の毛の乾かし方

シャンプーのあと、髪の毛が長い方はタオルを巻いたりしてすぐに乾かさない場合もありますよね。ドライヤーで乾かしてもなかなかすぐに乾かないし大変だから。でもこれは実は危険で、育毛だけでなく頭皮と髪の毛を考えるとすぐに乾かしたほうが良いのです。

髪の毛を洗ったあとはすぐに乾かすのが鉄則

髪の毛が長いとドライヤーで乾かすのも時間がかかるからそのまましばらく放置してしまう方も多いと思いますが、頭皮と髪の毛が濡れたままだと頭皮の常在菌が繁殖しすぎてしまいます。最近の育毛剤は殺菌作用のあるものが増えてきましたが、それでも乾かしてしまえば常在菌は通常の問題ないレベルにしておけます。

髪の毛を乾かすときは髪の毛だけでなく頭皮までしっかりと乾かすことが大切であり、できるだけ早く乾かすこともとても重要です。

夏は頭皮の雑菌が繁殖

夏は暑いのでドライヤーで乾かすのが面倒という方が女性にかぎらず多いものです。しかし濡れたまま放置すると汗や皮脂などがが混ざり合って雑菌が繁殖する可能性が高まります。臭いが出るのも雑菌が繁殖するためです。

当然毛穴にも良くないのは言うまでもありません。

髪の毛の自然乾燥は髪の毛自体の水分が失われる

タオルドライのあと自然乾燥にしてしまっている方もいると思います。しかし乾燥するということは水分が同時にとれていくことを意味します。これは肌も同じですね。濡れたまま放置した肌は表面の水分と一緒に肌水分自体も失われます。

同じことが髪の毛にも起こっていて、自然乾燥させると髪の毛の水分が同時に失われます。髪の毛がパサつく原因になります。

髪の毛の正しい乾かし方

1. タオルドライ

まず基本のタオルドライでしっかりと髪の毛の水分を吸い取りましょう。タオルで髪の毛を挟むようにして吸い取ります。髪の毛を挟んでゴシゴシしてしまうと水分は取りやすいですが髪の毛のキューティクルが失われます。

タオルで頭全体をゴシゴシしてしまうのも避けましょう。髪の毛自体にキズがつくのと同時に無駄な抜け毛を誘発します。髪の毛同士が絡み合って余計な負荷がかかり抜けやすくなっています。

2. ドライヤーで乾かす

ドライヤーは20cm程度話して髪の毛を持ち上げて根本から乾かしていきます。濡れた髪の毛は傷みやすいのでブラシなどで刺激を加えないように手で乾かしてください。
根本を立ち上げるようにしてドライヤーの風を当ててあげるとボリューム感も出しやすくなるでしょう。

逆にドライヤーを上から当てると髪の毛が押さえつけられてボリュームダウンしてしまいます。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。