妊娠と出産による抜け毛

ホーム > 妊娠と出産による抜け毛
妊娠と出産による抜け毛

女性の大イベントである妊娠と出産によって髪の毛に変化が大きく現れます。特に出産後は大量に抜け毛が増えて一時的に薄毛が進行することがあります。これを分娩後脱毛症と言います。女性ホルモンと髪の毛のヘアサイクルを理解することでなぜ出産後に抜け毛が増えるのかが理解しやすくなります。

妊娠すると女性ホルモンが多く分泌される

妊娠すると女性ホルモンが増加します。これによって抜け毛が減ります。髪の毛がしっかりとして増える場合もあるでしょう。髪の毛がずっと成長する成長期になっているのです。

しかし成長期でたくさん生えていた髪の毛も、ヘアサイクルが退行期、休止期になると当然抜けます。普通は成長期から退行期を経て休止期になり抜けていきますが出産することによってホルモンバランスが崩れてしまい、一斉に休止期になってしまう場合があります。

これによって多くの成長期だった髪の毛は急激な休止期の訪れによって抜け落ちていきます。これが分娩後脱毛症です。

分娩後脱毛症の抜け毛とヘアサイクル

分娩後脱毛症はかなり髪の毛が抜けるので本人が一番びっくりすると思います。しかし1年半もするとヘアサイクルが正常に戻ってくるため回復することが多いです。

1度目の出産よりも2度目の出産のほうが分娩後脱毛症のあとに元の状態に戻る期間がかかると言われています。これは2人目以降を生むときには加齢が進んでいるためです。若い時であれば元に戻るのも早いと考えられています。

このように高齢出産の場合は加齢もありますし体力の回復が追いつかない場合があるため、分娩後脱毛症による抜け毛は多くなり回復もかなり遅くなってしまう可能性が高まります。

分娩後脱毛症の期間は育毛すべき

分娩後脱毛症は出産後の1年位は抜け毛が多くなって薄毛が深刻になる場合があります。
ただ1年半もすれば抜けすぎていた部分も元に戻りやすくなりますが、その間は薄毛がかなり目立ってしまうこともあります。

だからこそ分娩後脱毛症のときは育毛剤とマッサージ、適切なシャンプーとサプリなどでケアする必要があります。できるだけ抜け毛を止めて育毛することで大量の抜け毛を予防できますし見た目にも薄毛が気にならなくなる可能性が高いです。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。