若いしまだ育毛剤を使いたくない?

ホーム > 若いしまだ育毛剤を使いたくない?
若いしまだ育毛剤を使いたくない?

まだ20代で若いし育毛剤は使いたくない、育毛剤に手を出したら終わりな気がする、という方が多いようです。育毛剤って中年が使うものというイメージがあるんでしょうか。そもそもAGAでハゲ始めるのは20代以降であれば可能性はありますし体質によってはかなり髪の毛が細くなって地肌が目立つ若者もいます。結論を言えば、若くても育毛剤は使うべきです。

若いから育毛剤を使わなくても髪は生えやすい、は理想でしかない

若い時は元気だから育毛剤を使わなくても抜け毛はそのうち止まるしまた髪の毛も生えてくるだろう、というのはただの理想論でしかなく、AGAであれば容赦なく髪の毛は減っていき、太い髪の毛は生えなくなっていきます。

これは20代だろうが60代であろうが関係ありません。ハゲるときはしっかりとハゲていきます。これを若さで大丈夫というのはただ自分を安心させたいだけの理想論でしかないのです。

若くてもスキンケアと同じようにヘアケアする

若いから、という理由で何もしていないと肌がボロボロになってしまうのと同じで、髪の毛と頭皮にもしっかりとケアしてあげる必要が有ることはこれだけで理解できるはずです。

ただ若いというだけでハゲとはまだ無縁であると勘違いしているとが多すぎるんですね。あと10年したら髪の毛の量はどうなってるかな、今からケアしたほうがいいよな、と考えるほうが良いはずです。

今ハゲていなければ安い育毛剤でもOK

まだ10代、20代でハゲてはいないけど抜け毛が気になる、数年後もしっかりした髪の毛を維持して中高年も髪の毛をできるだけ維持したい、という考えがあるのであれば、安くてもいいので成分がしっかりした育毛剤を使うのがお薦めです。

スタッフ行きつけの美容院では専門学校卒業後、美容院で働き始めたそのときからずっと育毛剤を朝昼晩と使っているそうです。職業柄美容院に育毛剤があるためそれを使用しているとのこと。当然髪の毛は20代のようにフサフサです。

育毛剤を早く使ったからといってハゲないということにはなりません。
しかし自分で頭皮と抜け毛、細い髪の毛に対して常に気を使うという姿勢が重要であり、もしAGAが発症した場合はすぐに行動がとれるようになるでしょう。

若いからといって育毛剤をなるべく使いたくない、という考えがまず厳しいと言えるでしょう。抜けるときは一気に抜けてハゲますよ。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。