アミノ酸系シャンプーは育毛以上に進化している

ホーム > アミノ酸系シャンプーは育毛以上に進化している
アミノ酸系シャンプーは育毛以上に進化している

育毛シャンプーと呼ばれるもののほぼ全てが洗浄成分にアミノ酸を配合しています。それぞれアミノ酸に特徴のあるものを使っていて、洗浄力や指通り、洗いあがりに変化をもたらしています。ではアミノ酸系の育毛シャンプーがなぜ頭皮に良く、育毛に効果的なのかを解説していきます。

洗浄成分が頭皮への刺激が少ない

アミノ酸系の洗浄成分は、洗浄力はそれほど高くないですが、頭皮に対する刺激というものがものすごく低いのが特徴です。洗浄成分としては、皮脂を分解してごっそり落とす、という意味ではアミノ酸系シャンプーは向いていませんが、そもそも頭皮の汚れは水だけでもほとんどが落ちると言われています。

そこに洗い上がりの気持ちよさや臭いを落とすなどの効果があるのがシャンプーなので、シャンプーを使えばほとんどの汚れが落ちるわけです。だったらアミノ酸の洗浄成分で、頭皮に無駄な刺激を与えないほうが安定した状態を保つことができ、毛根への余計な刺激を与えずに済む、というのがアミノ酸系シャンプーの特徴です。

デメリットがほぼなくなってきている

以前はアミノ酸系シャンプーは頭皮には優しくて育毛だけでなく刺激に弱い方にも安心して使える、ということで知られていました。逆にアミノ酸系シャンプーには髪の毛をいたわる感じではないのがとても大きな不満点のひとつでした。洗うと髪の毛がギシギシしてしまって、すすぎのときとかも髪の毛が絡まるんですよね。実際そんな育毛シャンプーがいくつもありました。

しかし最近はハーブや天然成分などを配合して各育毛シャンプーで特徴が出てきていて、髪の毛がギシギシして絡まるということはほとんどありません。逆にブラックシャンプーやリマーユシャンプーなどは髪の毛がツルツルになるほど綺麗になります。ノンシリコンでシャンプーだけでもツルツル・サラサラになるんですよね。

育毛をするならまず育毛シャンプーを使う

育毛をして抜け毛を可能な限り減らしていきたい、というのであれば、まずは育毛シャンプーで頭皮を洗います。市販の石油系シャンプーは刺激が強いので、まずは頭皮を安定させる事から始めてみましょう。
頭皮にベッタリと皮脂が付いているのは良くないですが、全部取り除いてしまうような石油系シャンプーを使い続けるのもあまり良いとはいえません。

アミノ酸系シャンプーで最適な皮脂量をうまく残しつつ、汚れや臭いをしっかりと取って毛穴を清潔な状態にすることで、育毛剤の浸透を高めたり、皮脂の乾燥を防いで快適な頭皮環境を手に入れることができます。そうすることで髪の毛も元気に生えてくるための土台が作られると思っています。

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫育毛レジェンドで最も売れている育毛剤
育毛業界でも常にトップを走り続けるチャップアップ。とにかく育毛剤の人気ナンバーワン。育毛成分と価格のコスパが最強と言われている育毛剤で、頭頂部やM字ハゲどちらにもお薦めです。
育毛剤愛用者の人気No1 _ボストン育毛サプリの決定版
育毛サプリと言えばボストンと言われるほど有名です。ノコギリヤシをメインにしてAGAの抜け毛予防に、さらにリジンやほかのアミノ酸、亜鉛などを加えて発毛・育毛をサポートします。フィナステリドと併用する方も少なくありません。